症例_手首の痛み_70代男性

70代男性のKさん。
腰痛で見えられているのですが、今回は手首の方が痛いとみえられました。

 

特に何をしたという記憶はないとの事で、一週間ほど前から痛みが続いています。

 

いつもの通り、施術の後は手首も楽になっていたものの、多少の痛みが残っていました。
内側に回すと、小指側の手首から肘にかけての1/3程度の範囲で痛みが残っています。

 

これを橈骨と尺骨(肘と手首を結ぶ二本の骨)の間隔を整えることで痛みを消します。

 

仕上げに手首のところにある石ころのようないくつかの骨を整えて完了。
痛みは完全に消え、大きな稼働も容易にできるようになりました。

 

次に来るまでに、痛みが多少戻ることはあるかもしれませんが、何回かの施術で
フェードアウトして行くと思います。

早めの施術が奏功します。

 

病院に行けば、腱鞘炎と言われてシップが出て、痛みが消えようが
消えなかろうがそれで終わりだったでしょうね。

 

では、このような痛みはその後どうなるのでしょうか?

 

良くなる場合。

これは勝手に良くなるだけです。

 

別にお医者さんが治すわけではありません。

シップで炎症を抑え、あとはその人が持っている回復力で治すだけ。

 

皆さん勘違いされている方が多いのですが、シップで良くなるというのは

別に患部をシップで治しているわけではありません。

 

シップは炎症を抑えるだけです。

炎症のもとになっている筋繊維の損傷等についてはシップが治しているのではなく、

人間が持っている回復力で損傷を直しているのです。

 

ですから、シップを張って手首が痛いのが治ったのであれば、それは自分で勝手に

良くなっただけの事。

 

ですが、ここで治らない場合はいくら病院に行っても良くならないケースに繋がります。

その場合はキチンとした外的調整が必要です。

 

そうしないと炎症の原因が取り除かれないためいつまでたっても炎症が収まらないからです。

 

そうやって初めて良くなっていくのです。

 

野球肘やテニス肘なんかで痛みが引かず、我慢しながらスポーツをされている方は皆さんこのパターンです。

 

適切な処置をして適切にスポーツをしながら患部を作っていく。

こうすることで手術なんかしなくても良くなっていくケースがかなりあると思っています。

 

いずれにせよ、あきらめるくらいなら一度当院に相談されてみてはいかがですか?

 

 

「みらくる整体術(MST)」なら、

 

 

良くできます。