肩こりは治りません! が、・・・

昨日、肩こりについて触れたのでちょっとだけ肩こりについてお話しします。

結論を言うと、

 

肩こりは治りません。

 

が、辛い症状を楽にすることはできます。

 

 

みらくる整体術(MST)では、一時的な回避ではなく安定的に
楽な状態を作り出します。

 

そうすることで生活の質(QOL)は上がり、豊かな人生を送れるように
なります。

 

「豊かな人生?」

 

「何を大袈裟な・・・」と思われますか?
そういう方はこれ以上、当HPにお付き合いいただく必要はありません。

 

 

生物は痛み等の状態が続くと、それをカバーするために身体的な
変調をきたすと考えられます。

 

それは、身体だけではなく精神衛生上にも負荷がかかり、いわゆる健康な
状態からどんどん離れていってしまいます。

 

ひどい肩こりの場合、頭痛や吐き気が伴うことが多く、目の疲れもひどいもの
となるでしょう。

 

それは、一日二日で済むことではなく、いつ終わるとも知れない先の見えない
不安との戦いでもあります。

 

それがあきらめとなり、その場しのぎの対症療法でごまかしながら付き合って
いる状態となります。

 

これが世に言う「病気とうまく付き合う」という事だと考えられています。

 

本当にそうでしょうか?
本当にうまく付き合えていますか?

 

肩こりがひどく頭痛が頻発する方は読書をするのも一苦労でしょう。
すぐに目が疲れてしまうからです。

 

読書好きにとってこれは人生の大いなる損失と言えるはずです。

 

肩がこってPCの作業が制限されることは良く聞くことです。

 

その他にも、趣味や仕事上でのパフォーマンスが発揮されずに、
人生を損していることは山ほどあるのではないですか?

 

たかが肩こり,されど肩こり。

 

10の不調を感じている肩こりが半分の5になっただけで、
あなたのその生活は大きく変わるでしょう。

 

みらくるでは0~2までのレベルを目標に体を作り上げていきます。

 

治らないのに「0」と言うのは、さっき言っていた「肩こりは治らない」と言うのと
矛盾しているじゃないか?と言われそうですがそうではありません。

 

基本的に「0」の状態であっても仕事で忙しかったりすると、一時的には肩がこるのです。
ですから肩こりは治らないと言っているのです。

 

ただ、肩こりが良くなった人と慢性的な肩こりの人の違いは、

 

前者は休めば取れますが、後者は休んでも取れません。

 

健康になった人は、仕事で疲れて家に帰った時にひどく肩が凝ったと感じても、
ゆっくりお風呂に入り、ゆっくり寝られれば翌朝には肩こりは無くなっています。

 

そしてリセットされて、また仕事が頑張れるのです。

 

ところが肩こり持ちの人はそうではないですよね?

 

ずーっと昔からある固まったものがずーっと残っていて、無理をするとさらに状態が悪くなる。
お風呂に入ろうが何をしようが朝になったらいつもと同じ肩こりがある。

 

これの繰り返しではないでしょうか?

 

MSTでは、この負の連鎖を断ち切ります。
「0」になるかどうかは本人次第です。

 

一時的に「0」にする事は問題なくできると考えています。
先ほども言いましたが、「0」~「2」の状態が1か月続けば一応のゴールとみなしています。

 

肩こりでひどくお悩みの皆さん!

 

肩こりは治りません。

 

ですが、今よりはもっともっと楽になることはできます。

 

本当にお困りなら、一度相談に見えられませんか?