腰痛_中学3年生バスケ少年

二人目のバスケ少年は、K君の紹介で来られた中学3年生のA君。
こちらもデットラインは決まっています。

 

K君より1週間ほど遅く来たので3週間ほどで公式戦が始まります。

 

半年ほど前から腰が痛くなり、整形の通院と鍼をしたものの、一向に改善が
見られないため当院へ。

 

初見では3週間後の約束はできる感じではなく、どこまで持っていけるかな?
といったところでした。

 

症状は、反ったり捻ったりすると腰が痛いとの事。
リバウンドを取ることが重要なポジションなのでかなり影響はありそうです。

 

それでもK君同様、僕の言いつけをしっかりと守ったことで、本大会には100% の状態で出場できました。

 

というより、痛める前の時よりパフォーマンスが上がったそうです。
その結果、格上のチームを二つも撃破して一つ上の大会に出場が決まりました。

 

お母さんも、「奇跡です!」と言って喜んでくれました。

 

後は、安定的な状態を作りこむ作業が必要です。
次のステージに向けた体つくりをしていきましょう